荒く味わいのある伊賀の土に魅かれ
窯を築いた春萌窯の小辻さん。

ざらざらと荒く、それでいて触れていたくなる陶器の手触り。
作家の心情が現れるかのような美しいろくろの指跡。
しっとりと滑らかな光沢と荒い土の調和。
そして、唯一無二の美しいブルー。
そのすべてが深い味わいであり、春萌窯の器の魅力です。

 


INSTAGRAM掲載商品


→on la CRU. インスタグラム PAGE TOP
>